形成外科専門研修プログラム

プログラムの概要

プログラムの全体像

形成外科学とは、先天性あるいは後天性に生じた変形・組織欠損や機能障害に対して主に外科的手技を駆使することにより、形態および機能を回復させ患者のQuality of Lifeの向上に貢献する外科系専門分野です。また、再建手術、先天異常、難治性潰瘍等、複数科でのチーム医療に形成外科医が参加する機会も増加しています。本プログラムは医師として必要な基本的診断能力と形成外科領域の専門的能力、社会性、倫理性を備えた形成外科専門医を育成することを目的としています。

プログラムの指導状況

□指導医からのメッセージ

形成外科の守備範囲は頭頂から足まで、全身に及びます。あらゆる部位で様々な原因によって失われた組織を再建し、あるべき「かたち」をつくることは患者さんの人生を守り、時に人生を劇的に変えます。また、形成外科医は様々な科との連携を通して医師をも助けることができます。Creativeな仕事ができる科です。当プログラムでは県内唯一の大学病院、そして中核病院にて多彩な症例をバランスよく経験できます。指導医一同、皆様の参加を心よりお待ちしております。

プログラム

専門研修の特色

県内より多数・多彩な症例が集まる新潟大学医歯学総合病院では複数科での再建外科、マイクロサージャリー、唇裂・口蓋裂、小耳症などの先天異常、手外科、熱傷、様々な外傷等、多彩で豊富な症例を経験することができます。大学病院のみでは件数が不足しがちな皮膚外科や難治性潰瘍、瘢痕・ケロイド、眼瞼下垂等の症例経験は連携施設にて数多く学ぶことができます。新潟大学グループには募集定員に対して多くの指導医が在籍しており、研修期間のうちに形成外科医としての優れた専門的能力を身につけることが可能な充実した指導体制が整っています。皆さんの応募、参加を心よりお待ちしております。

専門研修プログラムの概略

□研修期間

4年

 

□募集人数

4名

 

□選考方法

書類・面接

 

□専門医

形成外科専門医

 

□連携施設

新潟市民病院 新潟中央病院 県立中央病院 長岡赤十字病院 新潟医療センター 県立がんセンター新潟病院 長岡中央綜合病院 大阪大学医学部附属病院 大阪労災形成外科 大阪警察病院 大阪急性期・総合医療センター 地域医療機能推進機構大阪病院 大阪みなと中央病院 箕面市立病院 地方独立行政法人りんくう総合医療センター 大阪国際がんセンター 大阪母子医療センター 兵庫県立こども病院