臨床検査専門研修プログラム

プログラムの概要

プログラムの全体像

1.理念と使命

理念:臨床検査はEvidence Based Medicineにおける客観的な指標として、診療に欠かせないものである。臨床検査全般において、その品質の向上と維持に努め、適切かつ信頼性の高いサービスを通して患者診療に貢献する専門医が臨床検査専門医である。臨床検査専門医数は全国的に明らかに不足しており、その普及は急務である。当プログラムでは、大学附属病院における(ⅰ)高度かつ先進的な医療(ⅱ)学生および後進の教育(ⅲ)研究を通して、幅広く深い知識や技能と偏りがない人間性・高い倫理観をもって、臨床検査の専門家としてチーム医療に参画することができる人材の育成を理念とする。

使命:理念に基づき、臨床検査に関する卓越した知識や技能をもって、的確な臨床検査が遂行されるように検査室の管理・運営をすること、臨床検査値を適切に判読・解釈することでチーム医療に参画し、病院機能の向上を図る。常に研鑽し自らの臨床検査医としての能力を高め続けることで、臨床検査全体の水準をも高めて、国民の健康・福祉に貢献する。

 

2.研修の到達目標と方法

専門研修の3年間は、それぞれ医師に求められる基本的診療能力・態度・資質と、日本臨床検査医学会が定める「臨床検査専門研修カリキュラム」(日本臨床検査医学会HP参照)に基づいて臨床検査専門医に求められる知識・技能の修得目標を設定し、各分野研修修了の終わりに到達度を評価します。

 

3.専門研修後の医師像(大学院進学・subspecialty領域への継続等)

①大学病院もしくはそれに相当する病院の検査医:病院検査部の管理と検査判読、コンサルテーション対応に加え、研究や専攻医・医学部学生の教育を実践します。

②①以外の一般病院の検査医:病院検査部の管理と検査判読、コンサルテーション対応を実践します。

③大手検査センター:全般的な指導や特定の検査判定業務を行ったり、健診業務を実践します。

④地域医療における内科および臨床検査領域の診療医(かかりつけ医):稀ですが、OB・OGの中には、内科クリニックを開業し臨床検査医学の知識・経験を生かして、より的確な検査の選択や少ない検査情報からより多くの情報を読み取る検査医の特性を生かした診療を実践している方々がいます。

⑤臨床検査専門医(基本領域)のsubspecialty領域としては、まだ決定はしていませんが、候補としては超音波専門医、臨床遺伝専門医、人間ドック専門医など推定されています。

 

4.臨床検査専門研修プログラムについて

本研修プログラムの基幹施設は順天堂大学医学部附属順天堂医院となっております。研修内容によって、基幹施設または連携施設での研修となります。相談の上、新潟での研修を主としたコースを考慮します。

プログラムの指導状況

(記載なし)

プログラム

専門研修の特色

臨床検査専門医になるには、以下7分野(①臨床検査医学総論、②一般臨床検査学・臨床化学、③臨床血液学、④臨床微生物学、⑤臨床免疫学・輸血学、⑥遺伝子関連検査学、⑦臨床生理学)をすべて習得する必要があります。これらを偏りなく習得するために、以下の連携施設と専門研修施設群を形成しています。それぞれ違った特徴をもつ検査部を有する施設で臨床経験を積むことにより、様々な環境に対応できる臨床検査専門医が育成される体制を整えています。

もう一つの大きな特徴としては、臨床検査は入院患者を担当することがない分野である特性上、育児・介護・通院など種々の理由により常勤として勤務が困難な場合でも、週2-3日勤務で、研修期間を3年から5年に延長するなどの対応により研修を行うことが可能です。更に、通常この新専門医制度では2017年度の募集対象者は2015年4月に初期研修を開始した研修医ですが、臨床検査領域では、初期研修終了後すぐでなく卒後かなり年数を経た方も対象とすることが認められています。

また、大学院進学も積極的に推奨しており、研修2年目以降からは、研究との臨床検査専門医資格取得が両立できるよう、プログラムを適切に調整できるように個別に対応致します。

専門研修プログラムの概略

□研修期間

3年

 

□募集人数

2名

 

□選考方法

書類・面接等

 

□専門医

臨床検査専門医

 

□連携施設

【基幹施設】

順天堂大学医学部附属順天堂医院

 

【連携施設】

A:順天堂大学医学部附属浦安病院

B:順天堂大学医学部附属練馬病院

C:順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター病院

D:新潟大学医歯学総合病院