救急科専門研修プログラム

プログラムの概要

プログラムの全体像

「救急科専門医」は、急病、外傷、中毒など疾病の種類に拘らず、速やかに受け入れて初期診療に当たり、必要に応じて適切な診療科の専門医と連携して、迅速かつ安全に診断と治療を行う基本領域の専門医であり、重症度に加えて緊急度も優先することが特徴です。本研修プログラムは、医師不足に悩む新潟県において、県内すべての救命救急センターと連携して、3年間の専門研修により、良質で安心な標準的医療を提供できる救急科専門医をより多く養成することを目的としています。救急科専門医取得後は、「集中治療専門医」のサブスペシャルティ領域専門医の研修が可能です。

プログラムの指導状況

□指導医からのメッセージ

救急医学は“医の原点”であり、超高齢化社会においても必須の領域です。救急医学の守備範囲は、災害医療、緊急被ばく医療等の非日常的な医療に加え、ドクターカーやドクターヘリを用いた病院前医療、救急外来(ER)での初期医療、そして集中治療分野における重症患者管理と多岐に渡ります。また、年間国民24人に1人が利用する救急車での医療の質を担保するメディカルコントロールも重要な任務となっています。

現在、新潟県内には6救命救急センターが運営されていますが、すべての施設で救急科専門医が不足している状況です。

本プログラムでは、それぞれの専攻医が目指しているキャリアパスに対応出来るように、県内のすべての救命救急センターを連携施設としました。

プログラム

専門研修の特色

(1)日本海側で唯一の高度救命救急センターにおいて、重症救急患者に対する高度な集中治療の研修が可能です。

(2)救急科専門研修プログラムの他の基幹研修施設である新潟市民病院救命救急・循環器病・脳卒中センターをはじめ、県内のすべての救急救命センターと連携することで、各救命救急センターの特徴を生かした研修が可能です。謂わば、「オール新潟による救急科専門医養成プログラム」です。

(3)新潟医療人育成センターの高度シミュレーターの活用等により、臨床技能のスキルアップが可能です。

(4)新潟大学医歯学総合病院を基幹施設とすることにより、病院の臨床研究サポート部門、医学部基礎系講座等の連携により、リサーチマインドを有する専門医の養成が可能です。

(5)臨床実績のある大学院(社会人入学等)であれば、大学院在学中の専門医研修も可能です。

専門研修プログラムの概略

□研修期間

3年

 

□募集人数

4名

 

□選考方法

書類・面接

 

□専門医

救急科専門医

 

□サブスペシャルティ領域の専門医について

(1)日本集中治療学会「集中治療専門医」

(2)日本外傷学会「外傷専門医等」

(3)日本熱傷学会「熱傷専門医」

(4)日本航空医療学会「フライトドクター指導医」

 

□連携施設

新潟市民病院 救命救急・循環器病・脳卒中センター 新潟県立新発田病院 救命救急センター 長岡赤十字病院 救命救急センター 魚沼基幹病院 救命救急センター 新潟県立中央病院 救命救急センター 厚生連上越総合病院